角居勝彦調教師は今、どこで何をしている?【角居勝彦 引退馬活動レポート Vol.1】powered by netkeiba.com

競馬界から突然引退した角居勝彦元調教師。彼はいまどんな活動をしているのか? 角居氏の新たなチャレンジの模様をnetkeibaが不定期でお届けします。

今後も続報をお届けします。登録お願いします
https://www.youtube.com/c/netkeibaTV?sub_confirmation=1

角居勝彦
みんなのウマCOO。元・日本中央競馬会 (JRA) 調教師。
松田国英厩舎で調教助手を務めたのち、2001年に厩舎を開業。デルタブルース、カネヒキリ、ウオッカ、ヴィクトワールピサなどのGI馬を管理し、2005年には日本人調教師で史上初となる日・米・香港の同一年3カ国G1制覇を果たした。2021年2月に調教師業を勇退し、現在は引退馬支援に関するプロジェクトに関わっている。

「みんなのウマ」とは?
「引退馬の新しい価値創造を図ります。」をキャッチフレーズに、能登半島の先端石川県珠洲市にて、タイニーズファーム・鉢ケ先・八ケ山の3拠点を中心に馬がより自然に近い形で、養老・リトレーニング・市民、観光客とのふれあいができる場所づくりのプロジェクト。競走だけではない、馬のマルチステージをみんなで共創していきます。

公式サイト https://www.minnano-uma.com/
instagam https://www.instagram.com/minnano.uma.inc/

▼netkeibaを見るならアプリがおすすめ!
https://netkeiba.onelink.me/cexk/3tzujgu3

▼競馬番組 毎日更新!!【netkeibaTV】
https://tv.netkeiba.com/?rf=youtube

#角居勝彦
#みんなのウマ
#netkeiba
#引退馬
#引退馬支援
#horse
#競馬
#競走馬

<日本最大の競馬予想サイト(中央競馬版)>
競馬予想のレジまぐ

<日本最大の競馬予想サイト(地方競馬版)>
地方競馬のレジまぐ

<大井・川崎・浦和・船橋専用>

あわせて読みたい