2022年 クラスターカップ JpnIII|第27回|NAR公式

0

[競走概要]
第27回クラスターカップ JpnIII
2022年8月16日(火)
盛岡競馬 第9競走 1200m(左)
天候:雨 馬場:不良

[馬番/出走馬/騎手(所属)]
1番/ダンシングプリンス/ルメー(JRA)
2番/グレートコマンダー/塚本涼(岩手)
3番/ナラ       /関本玲(岩手)
4番/リメイク     /川田将(JRA)
5番/スティンライクビー/坂口裕(岩手)
6番/フィナルタ    /関本淳(岩手)
7番/ルチルクォーツ  /岩本怜(岩手)
8番/マイネルヘルツアス/小林凌(岩手)
9番/クレールアドレ  /松本剛(笠松)
10番/ユアマイラブ   /菅原辰(岩手)
11番/ジャスティン   /横山武(JRA)
12番/カミノコ     /山本聡(岩手)
13番/オーロラテソーロ /鮫島駿(JRA)
14番/リュウノユキナ  /村上忍(岩手)

[競走成績]
https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2022%2f08%2f16&k_raceNo=9&k_babaCode=10

[レース紹介]
夏の盛岡競馬場で行われるスプリント戦。2020年にはマテラスカイ(JRA)が日本レコードとなる1分8秒5で勝利。過去26回のうちJRA馬の優勝は22回で、そのうち17回は栗東所属。美浦所属馬は21年にリュウノユキナが05年以来の勝利を挙げた。また、16年にダノンレジェンド(JRA)が60kgの負担重量で勝ったことがある一方、18年は重賞未勝利のオウケンビリーヴ(JRA)が52kgで勝利した例もある。(浅野 靖典)

[歴史]
1996年にJRAとの交流重賞として創設され、97年からGIIIに格付けされた。07年と08年は水沢1400mで実施されたが、そのほかは96年の第1回から盛岡の1200mが舞台になっている。過去26回で地方馬が勝利を挙げたのは、00年ゴールデンチェリー(愛知)、08年プライドキム(船橋)、13年ラブミーチャン(笠松)、17年ブルドッグボス(浦和)の4回。08年の優勝騎手はデビュー1年目の川島正太郎騎手で、その快挙が日本プロスポーツ大賞新人賞の受賞につながった。また、01年ノボジャック、10年サマーウインド、12年タイセイレジェンド、16年ダノンレジェンド(いずれもJRA)は、その年のJBCスプリントを制覇。今年(22年)のJBCスプリントはクラスターカップと同じ舞台で行われる。(浅野 靖典)

▼ダートグレード競走の詳細はこちら
https://www.keiba.go.jp/dirtgraderace/

Twitter https://twitter.com/nar_keiba
Instagram https://www.instagram.com/nar_keiba_official/
Facebook https://www.facebook.com/nar.keiba/

#クラスターカップ #ダートグレード競走 #地方競馬

<日本最大の競馬予想サイト(中央競馬版)>
競馬予想のレジまぐ

<日本最大の競馬予想サイト(地方競馬版)>
地方競馬のレジまぐ

<大井・川崎・浦和・船橋専用>

あわせて読みたい