2022年 ブリーダーズゴールドカップ JpnIII|第34回|NAR公式

0

[競走概要]
第34回ブリーダーズゴールドカップ JpnIII
2022年8月11日(木)
門別競馬 第11競走 2000m(右)
天候:雨 馬場:不良

[馬番/出走馬/騎手(所属)]
1番/ソーディスイズラヴ/阪野学(北海道)
2番/テリオスベル   /江田照(JRA)
3番/ハギノリュクス  /岩田望(JRA)
4番/クレモナ     /小野楓(北海道)
5番/バブルガムダンサー/阿部龍(北海道)
6番/プリティーチャンス/吉田隼(JRA)
7番/キムケンドリーム /鮫島駿(JRA)
8番/ネーロルチェンテ /石川倭(北海道)
9番/ノットイェット  /山本咲(北海道)
10番/グランブリッジ  /福永祐(JRA)
11番/サルサレイア   /西啓太(大井)
12番/ニーズヘッグ   /五十冬(北海道)

[競走成績]
https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2022%2f08%2f11&k_raceNo=11&k_babaCode=36

[レース紹介]
南関東以外で実施される唯一の古馬牝馬のダートグレード競走(JBCレディスクラシックJpnIを除く)。地理的なものもあってか、出走馬はほぼJRAと北海道。2014年にこのレースで重賞初勝利を挙げたサンビスタ(JRA)は、その年のJBCレディスクラシックJpnI(盛岡)を制すると、翌15年には牝馬として史上初となるチャンピオンズカップGI制覇。また21年のマルシュロレーヌ(JRA)は、このレースを勝って臨んだアメリカのブリーダーズカップ・ディスタフGIで日本調教馬として初Vを挙げる偉業を成し遂げ、NARグランプリ特別表彰馬を受賞した。(前田 恒)

[歴史]
1989年、当時としては数少ない中央との交流重賞として創設。94年までは札幌2400m、95年からは旭川2300mとなり、同競馬場の廃止にともない09年からは門別2000mで行われている。97年にGIIに格付けされ、その後に地方馬が勝ったのは、馬インフルエンザの影響でJRA馬が全頭競走除外となった07年のギルガメッシュ(北海道)が唯一となっている。14年からは牝馬限定のJpnIIIとしてリニューアル。その年からグランダム・ジャパン古馬シーズンの対象競走にもなっている。(前田 恒)

▼ダートグレード競走の詳細はこちら
https://www.keiba.go.jp/dirtgraderace/

Twitter https://twitter.com/nar_keiba
Instagram https://www.instagram.com/nar_keiba_official/
Facebook https://www.facebook.com/nar.keiba/

#ブリーダーズゴールドカップ #ダートグレード競走 #地方競馬

<日本最大の競馬予想サイト(中央競馬版)>
競馬予想のレジまぐ

<日本最大の競馬予想サイト(地方競馬版)>
地方競馬のレジまぐ

<大井・川崎・浦和・船橋専用>

あわせて読みたい