【貴重映像・昭和レトロ】流星の貴公子 テンポイント 1977年有馬記念 | JRA公式

昭和に活躍した名馬たちのレースを紹介する「貴重映像・昭和レトロシリーズ」。今回は、1977年の年度代表馬テンポイントが同年(昭和52年)に有馬記念を制した模様をご紹介します!

母は桜花賞馬ワカクモ。栗毛の馬体と額に流れる白い文様という印象的なルックスから「流星の貴公子」と呼ばれたテンポイント。同期のトウショウボーイ、グリーングラスとのライバル対決(TTG対決)は当時、大きな注目を集めました。

今回の動画はTTG最後の激突となった1977年の有馬記念。ライバルのトウショウボーイはこれが引退レースで、同馬が出走したレースには一度も勝てていないテンポイントとしてはここが同期を倒せる最後のチャンスでした。レースはスタート直後から両馬の意地とプライドが激突します。2頭が馬体を併せて先行すると後続を引き離してマッチレースの様相。最後の直線でも2頭の競り合いは続いたが、最後はテンポイントがトウショウボーイを抑えて勝利を飾りました。3着には追い込んだグリーングラス。他馬はそこから6馬身も離されていました。

このレースを観戦した詩人・寺山修司は「植字工のアルバイトの少年が、活字のケースから一つの活字を抜き取った」で始まる有名な観戦記「一騎打ち」を当時の『優駿』に寄稿しています。
https://www.prcenter.jp/yushun/80th/_pdf/197802.pdf
日本競馬史上に残る名勝負をご覧ください。

【テンポイント プロフィール】
1973年4月19日生 牡 栗毛
父:コントライト 母:ワカクモ
馬主:高田久成
調教師:小川佐助(栗東)
生産牧場:吉田牧場(北海道・早来町)
通算成績:18戦11勝
主な勝ち鞍:1977年有馬記念、京都大賞典、天皇賞(春)、鳴尾記念、京都記念(春)。1976年フジテレビ賞スプリングS、東京4歳S。1975年阪神3歳S

【クレジット】
制作:中日映画社
『昭和52年 第22回 有馬記念 テンポイント優勝』1978年(昭和53年)より抜粋
実況:ラジオNIKKEI

0:00 動画スタート
0:38 パドック
3:27 レース
6:35 レース後・表彰式

▼ JRA公式YouTubeチャンネル
JRA日本中央競馬会公式YouTubeチャンネルです。
最新のレース映像からここでしか見られない特別コンテンツまで、競馬に関する様々な情報をお届けします!
競馬ファンは必見です!チャンネル登録よろしくお願いします!
https://bit.ly/3rlKyA6

#JRA #日本中央競馬会 #競馬 #馬 #GⅠ #GⅡ #GⅢ #レース #乗馬 #競走馬 #WINS #貴重映像 #昭和レトロ

***JRA公式リンク***
▼ JRA公式サイト
https://jra.jp/

▼ JRA公式Facebook
https://www.facebook.com/jra

▼ JRA公式Instagram
https://www.instagram.com/jra.official/

【貴重映像・昭和レトロ】流星の貴公子 テンポイント 1977年有馬記念|JRA公式

JRA公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/jraofficial

<日本最大の競馬予想サイト(中央競馬版)>
競馬予想のレジまぐ

<日本最大の競馬予想サイト(地方競馬版)>
地方競馬のレジまぐ

<大井・川崎・浦和・船橋専用>

あわせて読みたい