【競馬予想】名古屋グランプリ2021 最終予想 JRA所属馬が優勢も狙ってみたい地方所属馬とは!?

名古屋グランプリ2021の最終予想です。
2021年12月23日(木曜日)名古屋11R15:50発走です。
過去10年を振り返ってみるとJRA所属馬が連対を外しておらず、地方所属馬が来たのは地元愛知の”カツゲキキトキト”のみとなっています。今年のメンバーを見てみると、やはりJRA勢が優勢ですが過度な信頼がおけるかというと…そこまでかなと思ってしまうメンバー構成となっています。
そして意外にも1~3番人気のみで決まることも少なく、上位人気馬+5番人気以下の決着になることが多いのもこのレースの特徴です。
その中で、勝ち切るまでは難しいものの鞍上込みで狙ってみたい地方所属馬も挙げていますので続きは動画にてご覧ください。
有馬記念の前に平日の地方交流重賞でも当てて良い流れを作りたいものです(*^^*)

いつもありがとうございます(^^♪
今日も良い1日になりますように♪

※只今、呂律が回らないため聞き取りにくい箇所が多々あるかと思いますがご理解の程よろしくお願いいたします。有馬記念の最終予想動画前には善くなるように病院に行ってきます。

#名古屋グランプリ
#名古屋グランプリ2021
#材木屋
#有馬記念2021
#地方競馬
#競馬
#競馬予想
#材木屋専務

<日本最大の競馬予想サイト(中央競馬版)>
競馬予想のレジまぐ

<日本最大の競馬予想サイト(地方競馬版)>
地方競馬のレジまぐ

<大井・川崎・浦和・船橋専用>

あわせて読みたい