2021年 スパーキングレディーカップ JpnIII | 第25回 | NAR公式

0

[競走概要]
第25回スパーキングレディーカップ JpnIII
2021年7月8日(木)
川崎 第11競走 1600m(左)20:10発走
天候:雨 馬場:重

[馬番/出走馬/騎手]
1番/サルサディオーネ /矢野貴(大井)
2番/サルサレイア   /御神訓(大井)
3番/ウルトラマリン  /福永祐(JRA)
4番/マルカンセンサー /笹川翼(大井)
5番/テオレーマ    /川田将(JRA)
6番/フェアリーポルカ /和田竜(JRA)
7番/グランデストラーダ/本田重(船橋)
8番/リネンファッション/武 豊(JRA)
9番/ライゴッド    /張田昂(船橋)

[競走成績]
https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2021%2f07%2f08&k_raceNo=11&k_babaCode=21

[レース紹介]
夏に行われる牝馬限定のマイル戦。ダートグレード競走となった1998年からの過去23回でJRAが20勝、地方は3勝。13年メーデイア(JRA)、16年ホワイトフーガ(JRA)、20年ファッショニスタ(JRA)がこのレースを勝った勢いに乗って、秋のJBCレディスクラシックJpnIで女王の座を射止めている。(前田 恒)

[歴史]
1995年に国内で3番目に始まったナイター競馬が川崎の『スパーキングナイター』。その名を取った牝馬重賞として97年に創設。第1回のみ南関東の限定戦として行われ、地元川崎のオートメンデス、ブンブンラリーによる1着同着という結果だった。GIIIのダートグレードになった98年はホクトロビン(船橋)が制したが、その後の地方勢の勝利は2頭のみ。11年からはグランダム・ジャパン古馬シーズンに組み込まれ、秋の大一番・JBCレディスクラシックJpnIを目指す上でも重要な一戦となっている。(前田 恒)

▼ダートグレード競走の詳細はこちら
https://www.keiba.go.jp/dirtgraderace/

Twitter https://twitter.com/nar_keiba
Instagram https://www.instagram.com/nar_keiba_official/
Facebook https://www.facebook.com/nar.keiba/

#スパーキングレディーカップ #ダートグレード競走 #競馬

<日本最大の競馬予想サイト(中央競馬版)>
競馬予想のレジまぐ

<日本最大の競馬予想サイト(地方競馬版)>
地方競馬のレジまぐ

<大井・川崎・浦和・船橋専用>

あわせて読みたい