2021年 さきたま杯 JpnII | 第25回 | NAR公式

0

第25回さきたま杯 JpnII
2021年6月3日(木)
浦和 第11競走 1400m(左)17:45発走
天候:曇 馬場:良

[馬番/出走馬/騎手]
1番/アルクトス    /田邊裕(JRA)
2番/エアスピネル   /鮫島駿(JRA)
3番/ハイランドピーク /笹川翼(大井)
4番/ワイドファラオ  /福永祐(JRA)
5番/トロヴァオ    /藤田凌(大井)
6番/メイショウオオゼキ/石崎駿(船橋)
7番/ブレスジャーニー /本田重(船橋)
8番/ベストマッチョ  /森泰斗(船橋)
9番/ノボバカラ    /戸崎圭(JRA)
10番/プレシャスエース /左海誠(船橋)
11番/ナリタスターワン /福原杏(浦和)
12番/ザイディックメア /山崎誠(川崎)

[競走成績]
https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2021%2f06%2f03&k_raceNo=11&k_babaCode=18

[レース紹介]
古馬1400m戦では、最高にして唯一のJpnIIである(JBCは除く)。ダートグレード競走としては地方馬の好走が多い。2009・10年に連覇したスマートファルコンや、14・15年に連覇したノーザンリバー、さらに12年1着・13年2着・14年3着と3年連続で馬券に絡んだセイクリムズン(いずれもJRA)などリピーターの活躍が目立つのが特徴だ。(斎藤 修)

[歴史]
1997年にダートグレード競走のGIIIとして創設。当初は9月に行われていたが、2005年からは現在と同じ5月下旬もしくは6月初旬に実施されている。11年にJpnIIIからJpnIIに格上げとなった。地方馬の勝利は3頭だが、いずれも地元南関東勢で、馬券圏内なら地方馬の活躍が目立っている。(斎藤 修)

▼ダートグレード競走の詳細はこちら
https://www.keiba.go.jp/dirtgraderace/

Twitter https://twitter.com/nar_keiba
Instagram https://www.instagram.com/nar_keiba_official/
Facebook https://www.facebook.com/nar.keiba/

#さきたま杯 #ダートグレード競走 #競馬

<日本最大の競馬予想サイト(中央競馬版)>
競馬予想のレジまぐ

<日本最大の競馬予想サイト(地方競馬版)>
地方競馬のレジまぐ

<大井・川崎・浦和・船橋専用>

あわせて読みたい