[桜花賞2021予想]桜花賞の順位を神戸大学生の自作競馬予想AIで事前予測してみたらまさかの穴馬が!!!!/G1桜花賞 2021年4月11日 (日) 15:40阪神競馬場 芝1600m

2021年4月11日開催の桜花賞の順位を神戸大学生の作った自作プログラムで追い切り予想してみました。今回は神戸大学生制作の競馬予想プログラム「うまジロー」で桜花賞の1位から5位までの勝ち馬を予測していきます。この競馬予想システムで1位の馬から5位の馬まで一万円ずつ単勝で賭けることを想定していきます。プログラミングにはpythonを用いたディープラーニングの技術を使っています。この動画を参考にしても構いませんが、自己責任でお願いします。他にもピアノ動画やゲーム実況も出しています。今後もいろんな動画に挑戦していくのできんじネットのチャンネル登録よろしくお願いします!!!!!

チャンネル登録はこちらから→https://www.youtube.com/channel/UCFjB-fqC9te1YYDvOvhTnUA?sub_confirmation=1

ツイッターのフォローもよろしくお願いします→https://twitter.com/Nd5nrgKfcC5RufS

競馬動画の再生リスト→https://www.youtube.com/playlist?list=PL8n7JdqTeAoZlzglpJQKxPJihCIGOPzY0

バイオハザード動画前回→https://www.youtube.com/watch?v=4Dx6HgholwI

バイオハザードre2レオン編part1→https://www.youtube.com/watch?v=V6d8WWN-Zj0&t=1532ssub_confirmation=1

ピアノ動画再生リスト→https://www.youtube.com/watch?v=pIvQlqYa7CM&list=PL8n7JdqTeAoaQzOfMNTV2auozmjv4Cp2n

  出走馬        
1 ストライプ
2 ファインルージュ
3 ブルーバード
4 ソダシ
5 アカイトリノムスメ
6 ストゥーティ
7 ククナ
8 メイケイエール
9 エンスージアズム
10 アールドヴィーヴル
11 ジネストラ
12 ヨカヨカ
13 エリザベスタワー
14 ミニーアイル
15 シゲルピンクルビー
16 ソングライン
17 ホウオウイクセル
18 サトノレイナス     

騎手(ジョッキー)
1 田辺裕信
2 福永祐一
3 柴田大知
4 吉田隼人
5 横山武史
6 岩田康誠
7 藤岡佑介
8 横山典弘
9 岩田望来
10 M.デムーロ
11 北村宏司
12 幸英明
13 川田将雅
14 藤岡康太
15 和田竜二
16 池添謙一
17 丸田恭介
18 C.ルメール

桜花賞とは(出典:Wikipedia)
桜花賞(おうかしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。

正賞は内閣総理大臣賞、日本馬主協会連合会会長賞
中央競馬の牝馬三冠競走(桜花賞・優駿牝馬・秋華賞)の第一関門となっている[4]。また、5着までの馬には優駿牝馬(オークス)の優先出走権が与えられる[4][注 1]。

1939年にイギリスの「1000ギニー」を範として、最もスピードのある優秀な牝馬の選定、および優秀な繁殖牝馬を発掘するためのレースとして4歳(現3歳)牝馬限定の競走「中山四歳牝馬特別(なかやまよんさいひんばとくべつ)」を創設[7][8]。東京優駿競走・阪神優駿牝馬(現:優駿牝馬)・横浜農林省賞典四歳呼馬(現:皐月賞)・京都農林省賞典四歳呼馬(現:菊花賞)とともにクラシック競走のひとつとされた。

太平洋戦争の戦局悪化による中断を経て、戦後の1947年からは名称を「桜花賞」に変更して京都競馬場で施行[7]。1950年から阪神競馬場での施行[7]となり、以降は阪神競馬場での施行が定着している。距離は1947年以降1600mで施行しており、コースは2007年以降、前年に新設された外回りコースとなっている。

1995年より指定交流競走とされ、地方競馬所属馬も出走可能になった[9]。2004年から外国産馬も出走可能になり[10]、2010年からは国際競走に指定され、外国馬も出走可能になった[11]。

1984年よりグレード制を導入、GI[注 2]に格付けされた。しかし当時の格付け表記が国際基準を満たしていなかったため国内限定の格付けとされ、日本がパートI国に昇格した2007年から2009年は「JpnI」に表記を変更[12]。国際競走に指定された2010年より、国際格付のGIに改められた[11]。

競走条件
以下の内容は、2021年現在[2][3]のもの。

出走資格:サラ系3歳牝馬(出走可能頭数:最大18頭)

JRA所属馬
地方競馬所属馬(後述)
外国調教馬
負担重量:定量(55kg)[注 3]

出馬投票を行った馬のうち優先出走権(次節参照)を持つ馬から優先して割り当て、その他の馬は収得賞金の多い順に出走できる[注 4]。

優先出走権
出馬投票を行った外国馬は、優先出走できる[13]。

JRA所属馬・地方競馬所属馬は、下表のトライアル競走で所定の成績を収めた馬に優先出走権が付与される

地方競馬所属馬は、上記のほかJRAの2歳GI競走(阪神ジュベナイルフィリーズ・朝日杯フューチュリティステークス・ホープフルステークス)、またはJRAで行われる芝の3歳重賞競走を優勝した馬にも出走資格が与えられる。

歴史
1939年 – 4歳牝馬限定の競走「馬事國防献金競走 中山四歳牝馬特別」を創設。中山競馬場・芝1800mで施行[7][15]。
1944年 – 「能力検定競走」として、東京競馬場・芝1800mで施行、勝馬投票券は発売せず[16]。
1945年 – 太平洋戦争の影響で中止。
1947年 – 名称を「櫻花賞」に変更、施行場も京都競馬場・芝外回り1600mに変更[17][7]。
1950年 – 施行場を阪神競馬場・芝1600mに変更[7]。 これ以降、阪神競馬場での施行が定着。
1957年 – 名称を「桜花賞」に変更[18]。
1984年 – グレード制導入、GI[注 2]に格付け[9]。
2001年 – 馬齢表記を国際基準へ変更したことに伴い、出走条件を「3歳牝馬」に変更。
2004年 – 外国産馬が出走可能になる[10]。
2007年 – 格付表記をJpnIに変更[12]。
2010年
国際競走に指定され、外国調教馬・外国産馬が合わせて最大9頭まで出走可能となる[11]。
格付表記をGI(国際格付)に変更[11]。
2020年 – 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、「無観客競馬」として実施[19]。
歴代優勝馬
コース種別の記載がない距離は、芝コースを表す。

優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記に揃えている。

競走名は第5回まで「中山四歳牝馬特別」、第6回は「能力検定競走」、第7回以降は「桜花賞」[7]。

賞金
2021年の1着賞金は1億500万円で、以下2着4200万円、3着2600万円、4着1600万円、5着1050万円

桜花賞の記録
レースレコード – 1:32.7(第79回優勝馬グランアレグリア)[21]
レーティング
競走馬の強さを数値化したものをレーティングと呼ぶ。2001年以降、世界共通の方式によるレーティングが行われ、発表されている。レーティングは各馬の強さを表すほか、競走の上位4着までのレートの平均値を「レースレート」と言い、その競走がどの程度レベルが高いものだったかの指標となる。レースレートの結果によって、その競走の格付けが変動する場合がある。

公表されているレーティングに従うと、2001年から2018年までで最もレベルが高かった年は2017年(111.00)で、最も強い優勝馬は2018年のアーモンドアイ(115)ということになる。また、最もレベルが低かったのは2015年(105.00)、それにつぐのが2007年(105.25)である。ただし、2007年の優勝馬のレートは111、2015年は112であり、歴代の優勝馬のなかでも上位にはいる。レースのレベルが低かっただけであり、個々の出走馬のレーティングとは異なる。

#桜花賞#桜花賞2021#桜花賞2021予想#競馬#競馬予想

<日本最大の競馬予想サイト(中央競馬版)>
競馬予想のレジまぐ

<日本最大の競馬予想サイト(地方競馬版)>
地方競馬のレジまぐ

<大井・川崎・浦和・船橋専用>

あわせて読みたい