さよならクロフネ 永眠 主戦武豊と歩んだ名馬のヒストリー 【JRA競馬】

訂正※NHKマイルCの番号②でなく2枠④番でした。
ーーーーーーーーー
2021年1月17日死亡。NHKマイルCを圧倒的スピードで勝利。ダービーは5着に敗れる。天皇賞(秋)で古馬G1中距離路線へ。勝利確実と言われたが、アグネスデジタルが急遽参戦を表明。当時外国産馬は2頭のみで、クロフネがまさかの除外対象に。
そこで陣営は初ダート武蔵野Sを選参戦で選択、そして1.7秒差圧勝。続くJCダートも1.1秒差つけてレコード勝利を飾った。
その後、芝中距離路線や海外遠征ドバイを視野に入れた怪我で引退。クロフネが天皇賞(秋)を走っていたらどうだったのか?ダートベストだったのか?当時は論んそうになったが、この論争に産駒が走りで答えを提示した。 クロフネ産駒はダートG1未勝利、圧倒的に芝G1馬を多く排出したのである。
主戦は武豊。

さよならクロフネ 死亡 名馬のヒストリー【JRA競馬】

@プロ競馬予想TV_JRA 《Japan horse Racing》

<日本最大の競馬予想サイト(中央競馬版)>
競馬予想のレジまぐ

<日本最大の競馬予想サイト(地方競馬版)>
地方競馬のレジまぐ

<大井・川崎・浦和・船橋専用>

あわせて読みたい