シャケトラ、こうなるはずだった天皇賞春

天皇賞春で初G1タイトル目前だったのに、残念です。
↓ 関連ニュース

28日に京都競馬場で行われる天皇賞・春に出走予定だったシャケトラ(牡6歳)が17日、安楽死の処置をされたことが分かった。調教中に骨折をしたもの。

 角居調教師によると、第1指骨の開放骨折及び種子骨の複雑骨折のため。角居師は「獣医から安楽死という判断を受けました。元々、骨折して1年待って使った馬。状態が良かっただけに、そこに負担がかかったのではないか。残念です」とコメントした。

 シャケトラは1年1カ月の長期休養明けとなった1月20日の「AJCC・G2」を制した。1番人気だった3月17日の「阪神大賞典・G2」でも圧勝し重賞連勝。天皇賞・春の主役へと躍り出ていた。

<日本最大の競馬予想サイト(中央競馬版)>
競馬予想のレジまぐ

<日本最大の競馬予想サイト(地方競馬版)>
地方競馬のレジまぐ

<大井・川崎・浦和・船橋専用>

あわせて読みたい