天才騎手 安藤勝己 地方から初のJRA移籍

※外国の音楽が使用されている箇所はオーバーミュージックで別音入れてます。多々聞きづらい箇所ありますがアンカツファンの記録としてこの動画をアップロードしておきます。

安藤勝己騎手が世論を味方にアンカツルールでJRA移籍

※アンカツルールとは→
地方競馬の騎手が中央競馬に移籍する際は1次試験(筆記)、2次試験(実技、面接)に合格する必要がある。09年以前は、直近5年以内にJRAで年間20勝を2回マークすれば1次試験を免除(いわゆるアンカツルール)された。

 引退した安藤元騎手や岩田、内田などは、この制度を利用した。だが、10年度以降は成績に関係なく全ての騎手に1次試験受験が必須となり、新たに直近3年以内にJRAで年間20勝2回の騎手のみ、2次試験の実技が免除され、口頭試験のみとなる新規定となった。戸崎は10、12年に22勝を挙げ、規定を満たしているため2次は面接のみ。一方、福山の岡田は実技も含めた2次試験をクリアし合格した。

#プロ競馬予想TV #安藤勝己 #競馬 #アンカツ

<日本最大の競馬予想サイト(中央競馬版)>
競馬予想のレジまぐ

<日本最大の競馬予想サイト(地方競馬版)>
地方競馬のレジまぐ

<大井・川崎・浦和・船橋専用>

あわせて読みたい